RSS
Admin
Archives

豊中市議会議員 ひらたあきよし ほっとニュース

プロフィール

平田明善

Author:平田明善
平成3年4月の初当選以来、20年間、「一人の人を大切に!」をモットーに全力で働くことが出来ました。ご支援して下さった多くの皆様に心から厚く御礼と感謝を申し上げます。
私は、現場第一で、市民の方の生の声を聞き、ご要望にお応え出来るよう、更に研鑽していく決意ですので、今後もご指導・ご鞭撻を宜しくお願い申しあげます。

最近の記事
Twitter * つぶやき
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11
02


10:01
Category : 新聞
ロシアに厳重抗議を公明新聞:2010年11月2日付

新聞

記者団の質問に答える山口代表=1日 国会内政府に毅然たる対応要請
山口代表
公明党の山口那津男代表は1日午前、国会内で記者団の質問に答え、ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土の国後島を訪問したことについて、大要、次のような見解を述べた。

一、北方領土は不法占拠状態にあり、わが国固有の領土であることは間違いない。極めて遺憾なことであり、政府として(ロシア政府に)厳重に抗議すべきだ。日本国民の心情に極めて深刻な影響を与えるということも事実だ。

一、こうした状況を招いたことは、日中間の「尖閣」問題が影響していると考えられる。日中のことと併せて、政府の毅然たる、また冷静な対応が求められる。(「普天間」や「尖閣」問題での民主党政権の迷走がなければ)にわかに大統領が国後島を訪問することが持ち上がらなかったと思われる。政府・与党が統一感を持って内政や外交の問題に当たっている感じがないところに、(他国が)付け入ろうとする動機がある。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

私も同様に、余りにも、民主党政権の外交努力の無さ、能力の無さを痛感します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。